ペイントホームズ
札幌店

藻、カビ、コケなどの汚れが発生していませんか?

皆さんは自分の住まいの外壁を見て、汚れや劣化が気になっていませんか?

「どうしてこんなに汚れたのだろう?」や「新築の頃に比べて劣化が進んでいるように感じる」といった疑問や変化に対する不安が湧いてくることでしょう。

この記事では、外壁に発生する藻やカビ、コケなどの汚れに焦点を当て、その原因と対処法について紹介します。外壁についた緑や黒の汚れは、これらの劣化の兆候かもしれません。

この機会に一度、ご自身の住まいの状態を確認してみましょう。

【原因】

藻やカビ、コケが発生する主な原因は、日当たりが悪く湿気がこもりやすい場所での繁殖です。特に温暖な気候で温度が25℃~30℃、湿度が60%~80%の範囲が好条件とされています。真冬を除くほぼ全ての季節で発生が見られ、注意が必要です。光合成を行うコケは、日光が差し込んでいても水分があれば増殖します。

【対処法】

これらの汚れは初期段階では水洗いや中性洗剤を希釈したものでの掃除が可能ですが、慎重に行う必要があります。力を入れすぎると外壁材が傷ついたり、塗装がはがれたりすることがあります。特に高い位置の掃除は事故の危険が伴うため、十分な注意が必要です。

汚れが発生しても早めの掃除が重要です。通常、外壁材には水分を防ぐための表面加工が施されていますが、汚れがつくことで外壁材が長時間水に浸され続け、劣化や内部の湿気増加につながります。外壁塗料には防藻・防カビ効果があるものもありますが、発生してしまった場合は既に塗膜の劣化が進んでいる可能性があるため、注意が必要です。

「外壁の高い場所や難しい場所に苔が生えている」「自分では難しいのでプロに相談したい」などの場合は、専門業者に頼むと良いです。プロは外壁の状態などを考慮して適切な方法で対処します。複数の業者に見積もりを取り、比較してから選ぶと良いでしょう。