ペイントホームズ
札幌店

外壁や屋根の劣化状況を簡単に自己チェックする方法をご紹介します。

【外壁塗装】

1.チョークのような粉が手に付く

外壁を手で触った際に白いチョークのような粉が付着する。

2.水をかけると色が濃くなる

外壁に水をかけると、色が濃くなる現象が見られる。

3.ヒビ割れ

外壁や目地にヒビ割れが見られる。

4.破損や塗膜の剥がれ

外壁に破損や塗膜の剥がれが見られる。

5.裏の木部の剥がれ(破風や横樋が付いている部分)

破風や横樋が付いている部分の裏側の木部に剥がれが見られる。

6.軒天の塗膜の剥がれや錆

軒天部分の塗膜が剥がれているか、または錆が見られる。

7.鉄部の錆や屋根と外壁の見切り部分や霜除け屋根の塗膜の剥がれと錆

鉄部に錆が発生しているか、または屋根と外壁の接合部分や霜除け屋根の塗膜に剥がれや錆が見られる。

【屋根塗装】

1.トタン屋根の錆や塗膜の剥がれ

トタン屋根に錆が見られるか、または塗膜に剥がれがあるか。

2.セメント瓦、コロニアル屋根の塗膜の剥がれ

セメント瓦やコロニアル屋根の塗膜に剥がれが見られるか。

【木部エクステリアの塗装】

1.木部の塗膜の剥がれ

木部に塗膜の剥がれが見られるか。

【まとめ】

これらのポイントを確認し、気になる箇所を見つけた場合は外壁塗装業者に相談しましょう。

建物の外壁や屋根は塗装によって保護されていますが、経年劣化によりいつかは耐久性を失います。

耐久性を長持ちさせるためには、クラックや錆び、カビ・藻などの劣化を早期に取り除き、劣化を進行させないことが重要です。外壁や屋根の自己点検を行いながら、気になることが少しでもあれば、外壁塗装業者に点検を依頼しましょう。