ペイントホームズ
札幌店

塗装のタイミングと冬に出来る準備

北海道での冬季は非常に寒冷で積雪量が多く、建物の塗装作業はもちろん、

見積りによる現地調査を行う事も一般的に困難とされます。

●塗装工事が出来ない理由

・温度と湿度の影響

冬の北海道は極寒で、低温と湿度の問題が作業へ影響し、低温下では塗料が固まりにくく、適切な乾燥が難しいため、適切でない時期とされております。

塗装作業には特定の気温や湿度の条件があり、規定を守る事が必要です。

 これらの条件が満たされない場合、塗装の品質や耐久性やに大きく影響する問題が発生する可能性が想定されます。

・凍結と雪の影響

塗料が凍結する可能性があるため、冷たい気温と積雪のある環境で作業を行うことは適していないとされます。

積雪時や凍結している表面に塗料を適切に塗布するは厳しいです。

●現地調査見積が出来ない理由

積雪部分の確認が出来ず、建物外部も乾いていない状態の為

正確な現状の把握が出来ず、適切な判断が難しく誤った判断をしてしまう可能性が生まれます。

安全性のリスクも想定され

寒冷な冬季に高所での作業が必要な場合、安全上のリスクが増加します。

凍結した足場や屋根での作業はケガや事故の危険性が大いにあり、

作業員の健康と安全だけではなくはなく、家屋の破損を生む事も想定されます。

●冬季が終わった、春や夏を塗装工事の時期とスケージュール設定をし、

この冬の時期にお見積り依頼をするお店を探し、計画的に進めるように

お店選びの期間としてはいかがでしょうか。

季節や気象条件に応じたスケジュールを立てることが建物のスムーズなメンテナンスに役立つでしょう。