ペイントホームズ
札幌店

住宅メンテナンスの基礎知識:「耐久年数」と「耐用年数」の違いを解説

住宅のメンテナンスやリフォームを考える際、「耐久年数」と「耐用年数」という言葉をよく耳にします。実はこれらには異なる意味があります。それぞれの意味を正しく理解した上で、判断を進めることが、住宅の塗り替えやメンテナンスを行う際の役に立てると思います。

耐久年数は、住宅や塗装が問題なく機能する期間を指します。これは住宅メーカーや塗料メーカーが設定した目安の期間で、実際の使用状況や環境条件によって異なります。例えば、大手塗料メーカーは塗料の耐久年数をパンフレットに記載していますが、これは理論値であり、実際の家の条件では変動することがあります。

耐用年数は、国税庁が定めた資産としての使用期間を指します。これは減価償却資産の価値を計算するための基準で、時間とともに資産が劣化して価値が下がることを前提としています。耐用年数は税務上の価値を算定するための期間であり、物理的な寿命を示すものではありません。

塗料の耐久年数は、「塗装が劣化し始めるまでの期間」を指します。これは環境条件によって異なりますが、一般的な目安として以下のようにされています。

アクリル塗料:約5〜7年

ウレタン塗料:約7〜10年

シリコン塗料:約10〜15年

フッ素塗料  :約15〜20年

付帯部分のメンテナンス

外装塗装には、シーリング(コーキング)やドア、窓枠などの付帯部分も含まれます。シーリングは約7〜15年ごとに交換が必要で、外壁塗装の時期と合わせて行うと効率的です。

結論

「耐久年数」と「耐用年数」の違いを理解することは、住宅のメンテナンスやリフォームにおいて非常に重要です。耐久年数は目安であり、実際の環境や使用状況によって変わります。適切なメンテナンスを行い、定期的に外装塗装を見直すことで、住宅の美観と機能を長期間維持することができます。