ペイントホームズ
札幌店

0515札幌店 外壁塗装の現地調査:立ち会いした方がいいのか?

外壁塗装工事の前には現地調査が必要となり、調査にかかる時間は建物の規模や依頼内容により異なりますが、一般的には30分から2時間程度かかることが多いです。

立ち会いの必要性は業者によって差があります。

≪立ち会いの重要性とメリット≫

現地調査に立ち会うことは、面倒に思えるかもしれませんが、いくつかのメリットがあります。今回はこのメリットについて詳しく見ていきましょう。

■劣化状態の確認

業者と一緒に外壁の劣化状態を確認することで、自分の目で現状を把握できます。どのような補修が必要なのかを直接説明してもらうことで、見積もり内容の理解度も増え、安心して工事を始めることができます。

■要望や仕上がりイメージの共有

実際に外壁を見ながら話すことで、具体的な要望や完成イメージを伝えやすくなります。もし具体的なイメージがない場合でも、業者と相談しながら理想の仕上がりを決めていくことができスムーズにすすめる事が出来ます。

■概算費用の確認

正式な見積もりは後日になりますが、多くの場合、現地調査の際におおよその費用をお伝えすることが。この時点で予算オーバーの場合は、業者に相談して他のプランやコストダウンのアドバイスを受けることができます。また、工期についてもこの時点でおおよその目安を知ることができます。

≪まとめ≫

外壁塗装工事に欠かせない現地調査では、塗装業者が外壁や屋根の劣化状態、建物の形状や立地条件を確認し、塗装面積を計測・算出してご提出するお見積書を作成します。立ち会いに迷いがある場合は業者に確認し、調査にかかる時間もあらかじめ確認しておくことをおすすめします。立ち会いには、劣化状態の確認、要望の共有、概算費用の確認といったメリットがあり、安心して工事を進めるためにも有効です。