ペイントホームズ
札幌店

太陽光パネルがある屋根の塗装における注意点と塗装方法の解説

太陽光パネルが設置された屋根でも、塗装は必要です。屋根は紫外線によって劣化するため、定期的な塗装が重要です。太陽光パネルがある場合の塗装方法や注意点についてご説明します。

  • 養生と塗装範囲の決定:

太陽光パネルをビニールシートなどで養生し、塗装作業を行います。パネルの下部分は手の届く範囲で塗装します。

パネルの下は紫外線の影響を受けにくいため、劣化が少ないと考えられます。

  • 色の統一:

塗装した部分としていない部分では色の違いが目立つため、塗装前に全体の色合いを考慮し、統一感のある仕上がりを目指します。

  • 劣化状況の確認:

太陽光パネルの下の屋根部分はパネルによって直接日光や雨にさらされないため、劣化が緩やかです。

ただし、塗装範囲外の部分も定期的に点検し、劣化や損傷がないか確認することが重要です。

  • 専門業者の選定:

太陽光パネルが設置された屋根の塗装は専門知識と技術が必要です。信頼できる専門業者を選定しましょう。

  • 安全確保:

塗装作業中には太陽光パネルの周囲での作業が必要です。安全対策を十分に行い、事故や損傷を防止します。

  • 太陽光パネルの保証への影響:

太陽光パネルの保証には塗装作業が影響する場合があります。メーカーの保証内容を事前に確認しましょう。

  • 地域の気候条件に合わせた塗料の選定:

屋根塗装に適した耐候性のある塗料を選定し、地域の気候条件に対応した塗装を行います。

これらのポイントを考慮して、太陽光パネルが乗った屋根の塗装計画をたてましょう。定期的なメンテナンスを実施することで、屋根の保護と美観の両方を確保できます。