ペイントホームズ
札幌店

人気の外壁材4つのサイディングの種類と特徴

外壁材の種類によっては、適切なメンテナンス方法が変わります。各外壁材の特徴を理解し、適切な手入れを行うことが大切です。

住宅の外壁には多様な素材が使用されており、それぞれの特性に応じたメンテナンスが求められます。適切なメンテナンスによって、外部からの要因(雨や紫外線など)から家を安全に守ることができるのです。

この記事では、さまざまな外壁材の種類とその特徴ついてご紹介します。家を長持ちさせ、美しさを保つためのヒントがあるはずです。お住まいの外壁に最適なケアを見つけてください。

① 窯業系(ようぎょうけい)サイディング

セメントをベースに窯で焼き上げたコンクリート系のサイディング。

日本の新築住宅の約7割以上で使用され、高い使用率を誇る外壁材。

豊富なデザインと高い耐久性・耐火性がメリット。

デザインバリエーションとして木目調、レンガ調、タイル柄などがあり、選択肢が豊富。

防水機能がなく、経年劣化で塗料が剥がれると水分を吸収しやすくなる。

冷涼な季節に水分が凍結してひび割れや剥離が生じる「凍害」が発生する可能性がある。

② 金属系サイディング

アルミニウム、銅板、ガルバリウムなどの金属をベースにしたサイディング。

スタイリッシュでモダンな素材感が特徴。

耐火性と断熱性が高く、軽量なため建物に対する負担が軽減される。

寒冷地での凍害に強く、定期的なメンテナンスが必要。

金属製のため傷や塩害によるサビが発生する可能性があり、注意が必要。

③ 樹脂系サイディング

塩化ビニル樹脂を使用して作られたサイディング。

薄くて軽量、強度や耐久性が高く変色が少ない。

海外では人気があり、日本ではまだあまり普及していないが寒冷地向き。

デザインのラインアップが少なく、比較的高価。

寒暖差による凍害に強く、潮風が吹く海沿いの建物に適している。

④ 木質系サイディング

天然木を加工して作られたサイディング。

木材の質感や風合いを生かし、暖かみのある外観デザインが可能。

防火性や防水性は高くなく、定期的なメンテナンスが必要。

サビの心配はないが、水分吸収により腐食が進行する可能性がある。

寒冷地には向いておらず、こまめなケアが求められる。