ペイントホームズ
札幌店

雨漏りは屋根以外から発生したケースもあります

雨漏りを発見した場合、屋根の異常を一番に心配する方が多い中、実は屋根以外から雨漏りが発生していたというケースも少なくないのです。

雨漏りは住宅の劣化から発生してしまいます。屋根以外の箇所からも雨漏りが生じる可能性があります。この記事では、どんな所が雨漏りしやすいのか把握し、メンテナンスに備えましょう。

1. ベランダ・バルコニー

ベランダやバルコニーは、外部との境界部分で雨漏りが発生しやすい場所です。特に、外壁とベランダ床の取り合い部分や、サッシ周り、ドレンの排水周りなどがポイントです。サッシ周りのシーリングが劣化すると、雨水が浸入する可能性が高まります。また、防水保護床の勾配が逆になっていたりすると、雨漏りの原因となります。

2. 屋上やベランダの防水シート

屋上やベランダに使用されている防水シートも劣化すると雨漏りの要因となります。防水シートの経年劣化やジョイント部分の劣化により、雨水が建物内部に侵入することがあります。特に、陸屋根の建物では、注意が必要です。

3. 外壁

外壁は雨漏りの発生が比較的見落とされがちな箇所です。外壁のシーリング(コーキングや目地)が劣化すると、雨水が外壁内部に浸入し、内部への被害が広がります。特に、窯業系サイディングなどの外壁は、外壁塗装やシールの補修が必要です。

4. 窓枠やドア枠のシーリング

窓枠やドア枠のシーリングが劣化すると、雨水が室内に侵入する可能性があります。これは外部からの雨風の影響を受けやすい箇所であり、劣化が進むと雨漏りの原因となります。シーリングの定期的な点検や補修が必要です。

5. 雨樋・排水溝

雨樋や排水溝は、雨水を建物から適切に排水するための重要な部分です。これらが詰まると、雨水が流れずに建物に浸水する可能性があります。軒、本体の割れや落ち葉、ゴミによる詰まりが雨漏りを引き起こす原因となります。雨どいのメンテナンスが必要です。