ペイントホームズ
札幌店

シーリング(コーキング)の役割

戸建住宅のサイディングボードやALCパネルなど貼り合わせるタイプの外壁材やサッシ廻りなど目地を埋めるゴム状の充填剤を、シーリング(コーキング)と呼びます。

このシーリングは経年劣化が起きるため、不具合が起きた場合は、補修工事が必要になります。

築10年位でシーリング(コーキング)の劣化が始まると言われております。ひび割れや縮みを目視で判断できるようでしたら、大がかりな補修工事に至る前に、早めにメンテナンスを検討しましょう。

シーリング(コーキング)は目立たない存在ですが、実は住宅を守り長持ちさせる上で、非常に重要な役割を果たしています。

住宅にとって雨水の侵入は、建物の構造に劣化を及ぼし、寿命を縮める大敵です。

それに対して、外壁の隙間を塞いで防水するのがシーリング(コーキング)の役目です。

シーリング(コーキング)工事をせず外壁塗装だけをしてしまうと、外観は塗装の効果で一時的に美しくなりますが、数年で外壁材継ぎ目のシーリング部分に亀裂が入り、最悪雨漏りを引き起こし高額な修理費用がかかることもあります。

また、地震発生時や台風などの強い風などの揺れから外壁材の割れを防ぐ役割があることから、シーリング工事は外壁にとって極めて重要な工事ということも覚えておきましょう。