ペイントホームズ
札幌店

デザイン性に注目した塗装方法の「ダブルトーン塗装」と「ツートン塗装」の違いのお話し

外壁塗装の「ダブルトーン塗装」という言葉を耳にする機会が増えていますが、具体的にどのようなものなのか、詳しく知っている方はまだ多くありません。

一般的な単色塗りやツートン塗装とは異なり、ダブルトーン塗装は、2色を用いることでデザイン独特の魅力を活かしたスタイルは、多くのご家庭で注目されています。

ダブルトーン塗装」と「ツートン塗装」の違いについてお伝えします。

ダブルトーン塗装」は、デザインその物の凹凸を利用し外壁に2色を塗り重ねる事で立体感を演出する塗装手法です。

この方法は、外壁の凹凸やテクスチャーを活かして美しい仕上がりを実現します。サイディングのレンガ調やタイル調、石積み調などの凹凸がある外壁に特に効果的で、色の重ね塗りによりデザインの深みと立体的な質感をもたらします。

一方、「ツートン塗装」は、建物の部分ごとに異なる色塗り、色を用いて区分けする手法です。

例えば、1階部分をグレー、2階部分をホワイトに塗るなど、色の区分けをはっきりとさせます。これにより、建物全体にバリエーションと鮮明さをもたらし、構造やデザインにアクセントを加えます。

ダブルトーン塗装の特徴は、複数の色を重ね塗りすることで立体的な外観を作り出す点にあります。古くなった外壁でも再び新鮮で立体感のある外観に変えることができ、10年以上経過した建物にも適用可能で家の外観を格段に向上させる可能性を持っています。