ペイントホームズ
札幌店

外壁塗装の工事期間:天候や災害がもたらす影響と対策

 

外壁塗装は、日数がかかる作業であり、通常1日や2日では終わりません。30坪の2階建て住宅の場合、外壁塗装には通常7~10日程度かかります。ただし、天候や季節、職人の数によって工期は大きく変動します。特に雨が続くと工期が1ヶ月以上かかることもありますので、外壁塗装は安定した天候の季節に計画することが推奨されます。

外壁塗装の工期に遅れが生じる要因として、以下のような天候や災害があります

 

悪天候

・雨: 外壁塗装は雨の日には行えません。雨水が塗料に混ざると仕上がりが損なわれ、再塗装が必要になる場合があります。

・湿度: 高湿度の日は塗料が乾きにくく、次の工程に進むのが遅れることがあります。また、湿度が高いと塗料が適切に定着せず、塗装の耐久性に影響を与える可能性があります。

・強風: 強風の日には塗料が飛散してしまう恐れがあります。これにより、近隣の建物や車に塗料が付着するトラブルが発生する場合があります。

 

災害

予測不能の災害。例えば大きな地震が発生すると、建物の損傷や周囲のインフラの影響で工事が一時停止されることがあります。

他にも台風・強風、豪雨・洪水、雪・凍結、火災などの災害の場合は工事は中断されます。

台風の場合の対策として

・固定点の増設: 足場を建物や地面にしっかりと固定するため、必要に応じて固定点を増やす

・補強材の追加: 足場に補強材を追加し、風に対する強度を高める

・シートの取り外し: 足場に取り付けられているシートは風を受けやすく、足場が倒壊する原因となるため、台風が接近する前に取り外す

これは工事中に台風が接近した場合の一般的な対策です。

 

悪天候や災害により外壁塗装の作業が一時的に中断される場合でも、室内の塗装や他の工事部分の作業を進めることで、全体の工期を短縮します。工事の進捗を定期的に確認し、天候や災害の影響を受けた場合には、柔軟にスケジュールを調整してもらいましょう。

また災害による工事遅延に備えて、工事保険に加入することで、経済的なリスクを軽減できます。

これらの対策を講じることで、外壁塗装の工事期間が災害によって延びるリスクを最小限に抑えることができます。これらの要因を理解し、計画を立てる際に考慮することで、外壁塗装工事をスムーズに進めることができます。外壁塗装は家の美観や耐久性を保つために重要な工事であり、適切な計画と調整が求められます。